運転免許の取得手順

車は運転免許がなければ動かすことはできません。
それだけでなく運転免許は身分証明としても優秀な道具であるため、将来的に車を運転する気がなくとも、取得しておけば役に立ちます。


運転免許を取得するための方法としては教習所に通って卒業するのが一般的です。
一定の期間で学科と技能の教習を繰り返して、どちらも一定以上の教習をすれば仮免許を取得する試験を受けることになります。
この試験に合格すれば仮免許を取得することができますが、不合格となってしまえば教習所によっても異なりますが、基本的には補習を受けた後に再び仮免許の試験に挑戦することになります。


仮免許を取得した後は更にもう一歩踏み込んだ学科と技能の教習を行います。
仮免許を取得したということで技能の方はここで教習所内ではなく、実際に外に出て運転するというケースの教習所が多いです。
そして全て実習が終われば卒業検定として、普段の技能でやっている通りに決まったコースを走行する試験を受けます。
合格すれば晴れて卒業となり、逆に落ちれば仮免許と同じく補習を受けて挑むことになります。


これで免許取得…ではなく、卒業認定を受けたら最後は運転免許センターに行って学科試験と適性試験を受けて、通過すればようやく運転免許を取得できます。
実習は取得を希望する免許の種類によって内容と数が変わってくるものであり、種類によっては学科はほとんどなく技能中心に実習を行うものもあります。


これが基本的な取得方法ですが、運転免許を取得する方法としては実は他にもあり、その1つが合宿免許を利用する方法です。
では合宿免許の運転免許取得は一般のと何が違うのでしょうか。
合宿免許も教習所も使わないで運転免許を取得する方法は何でしょうか。